Nimrod -a Glamorous Silhouette-
ちゃんばぁ、ちゃんばぁのミーミーは、どうしてカイデー?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お中元
虹が出ました。
浅田次郎氏の新刊「中原の虹」が。
中原の虹

本作は「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」に続く
長編中国近代史シリーズ3部作の完結篇。
待ち続けた甲斐がありました。
第二部も11月に刊行されるとの
ことなので、今から楽しみなりよ。
スポンサーサイト
これはネタなのか ~あとの祭り~
完成しました。
プロテック+Norotos。
略して「ノロテック」(爆
はいこちら。
ノロテック右前


ノロテック左後ろ

タミヤスプレーのタンを短い線で重ね、
更に薄く全体をカバーして輪郭をボカします。
そいで粘着付きベルクロを貼り付け、
最後にノロを取り付けました。
わかりにくいですが、後頭部のベルクロの
下部分はオスで、ゴーグルの滑り止めとしています。
これがまたよくくっつくんです(笑
この辺は今月号のコンバット誌が大いに
参考になりました(良いタイミングでした♪

ノロテック直上

真上から。
こうして見ると、ノロの薄さがよくわかります。

ノロテックイン

そして内側。
こうして見ると、ヘルメットの薄さがよくわかります(何
中のスポンジ含め、やたら軽いです。
じゃないとスケートヘルメットの意味を
なしませんが・・・。
そして、何故かインナークッションの
柄が毒々しいです(笑

あーあ、これで装備と合わせてみて
失敗だったら泣くな(苦笑
とりあえず、しばらくは愛でてます。
これはネタなのか ~前夜祭~
Norotos(パチ)移植計画 発動。
ノロテック・プレ

とりあえず、ネジ穴の位置が
合って良かったです(笑
Noroの移籍先はプロテック 
B2スケート ヘルメット。
TANカラーを選んだのですが、
だいぶ明るいっす。
(サンドカラー?)

それにしても外したMICHに開いた穴、
MICH用NVGマウントとNoroの
ために開けた穴が十字になってて
星座の白鳥座みたいになっちゃってますね。

あとは塗装→ネジ穴開け→マウント取り付け
→粘着ベルクロ貼り付け で完成です。
135
書く気になりました(爆

ちょっと前に荷物が届きました。
BDS Tacのプレキャリと
スタッカーチェスト云々のセットです。
BDSプレキャリ前

チェスト云々の後部にはPALSの
ウェビングが縫われていて、
マリスクリップ等を介してプレキャリ
等々に接続することが可能です。
勿論、モジュラーチェストリグにも
接続可能ですので、試してみると
楽しいことになると思います(ぇ
このプレキャリの良いところはウェビング
があるところと前面に直接ベルクロが
縫い付けてあるところでしょうか。
前者は無いと困るんですけどね(てへ(死
BDSプレキャリ後

続いて背面。
ドラッグハンドルがついてます。
TAGのプレキャリのときはパラコで
自作したので、これは嬉しいです。
ただ、SOEの時はこんな縫製だったか?
って感じでなんか怪しいです。
全体的には小さめ?
EAGLEのプレキャリがそうだったように、
ベルト装備と干渉しづら・・・いと思います。
というか、TAGのプレキャリが大柄だったのか。
相変わらず脇腹のファステックスを
接続する時には手が痙攣しそうです。
シンプルチェスト

注目の接続部分。
チェストリグ本体のバックルやらは
中に全て折り込まれています。
収納はすごいです。
あとは駅近・コンビニ近だったら尚嬉しいですね(ん
プレキャリとの接続にはマリスクリップが
使われています。
マグポーチにはM16マグ~AKマグまで。
AKマグは突起が若干引っ掛かるのですが、
まぁ慣れれば・・・。

一つ気になったのは、マップポケットの
ジッパープルが金属製でカチャカチャ金属音が
とても(!)うるさいです。
これは致命的。
これはそのうち取り外してパラコに変える予定です。
あとは塗装か。。。
ターザン
関西ローカルのお笑い番組を見ている。
やっぱり関東の仕事よりも
アットホームで輝くのだろうか(ぇ


仕事先のおばちゃんが
「あたしん家、バカ夫婦なんだよね」
という切り口で話し始めた。
「昨日、旦那とテレビ見ながら
『大臣をお願いする電話かかってきたらどうする?』
って話をしててさ。受けたいけど、
『時給いくらですか?』とか
『子供の行事には出たいんですよ』
『土日は休みたい』って条件聞いてからにしたい」
と言っていた。
「そんなこと考えない?!」
と、まるでこっちが非常識なように聞かれたが、
そういう妄想もアリかな、と思った。
「きみ なかなか面白いね」と言って
あげたかったがさすがに無理だった。
無理だってー


急に忙しくなり更新が滞りました。
お馴染ですがすみません(何
今夜辺りにはいくつかネタが。。。
テニスボールで本塁打
安倍氏圧勝。
それよりも、小泉首相が退任したら
小泉首相は東京湾に新たな橋を建設
するという話を某大学教授から聞いたので、
そっちの方が気になります(笑
しかもその教授、実際に自民党の
勉強会で講演もしたことのある人で
自民党とのコネクションを持っている
ので妙に現実的な・・・(汗


うん、昨日、消火器噴射してきましたさ。
さすがにモディファイドプローンは無理でした。
っていうか、訓練用の消火器で中は水だし、
隣の先輩の消火器は内圧不足してるし、
的は火の絵が書いてある木の板だし・・・。
次は火炎放射器でしょうか(ぇ

DBTのアドミンポーチとか
EMDOMのユーティリティーポーチとかが
届いてるのに写真撮るのが面倒で
アップできてないという(汗
そういえば
明日は職場の防災訓練の一環で
消火器を噴射することになりそうです。
なりそうです、というのは最近
帯同を告げられて詳細が一切
不明なため(汗
消火器初体験で楽しみ半分、
朝のくそ忙しい時間に持ち場を
離れなければいけないやりきれなさ半分。
仕事の一部なので写真撮れないのが
残念です(そりゃまぁそうですが
モディファイドプローンで噴射してやろうかしら

それにしても地下3階で消火訓練って、
煙こもるから火はつけない・・・でしょ(汗
柔の道
湿気がすごい


毎週月曜日に、携帯のiモードサイトで
「日本のスイッチ」というのをやっている。
毎週8つの質問が更新され、それに答えて
1週間待つと、全国で自分と同じ回答を
した人数が分かったり、質問ごとの参加人数
に対する割合が分かったりするもの。
URLは↓
http://dream.mainichi.co.jp/i-mode/switch/
です。
iモードは大丈夫なのですが、auと
ボーダフォンは未確認なので知りません。
面白いのでニヤニヤすることうけあいです。

暇なときにどうぞ。
ガチャピン
前にここで本の紹介をしましたが、
その最後に書いていた「華恵」って、
「hanae*」だったんですね。
いや最近になって名前を変えられた
みたいで気付かなかったんですが、
なんとなく納得(ぇ
いやこの華恵さん、1991年生まれ
(アメリカ出身)なんですよ(驚
そしてなぜ知っているかというと、
昨年度、フジテレビの月曜昼にやっていた
教育番組(?)の「ガチャガチャポン」
という番組に出ていたから。
この中の「ことばの語源を知る」いちコーナー
を担当していて、聡明な子だな、と。
しかしこの番組、いま考えてみると
すごいキャスティングだったなと思います。
ストーリーは「今泉家」という家族を
メインに、勉強の大切さ云々の、主に
道徳を説いていくような進行の番組で、
まず両親が生瀬勝久(父)と室井滋(母)。
そして二人の娘が多部未華子(姉)と夏帆(妹)。
更に脇を固めたのがエアギターの金剛地剛や
退社間近の千野アナウンサー等々・・・。
両親のインパクトも物凄かったですが、
それ以上に、これから確実にメディアに
出てくるであろう二人の娘役の起用。
夏帆は前々からテレビのCM等で注目され、
多部未華子の方も昨年のブルーリボン賞 新人賞
を受賞し、現在赤丸急上昇中の若手実力派。
それにモデルをやりながら文筆もこなす
華恵の起用って、物凄い才能が集まった
番組だったんだな、と改めて実感。
番組自体面白くて好きでしたし、
ミカン星人によるその時々の時事ネタを
扱うミニコーナーとか(笑

こうやって知名度って上がっていくんでしょうか。
金剛地もこの番組で存在を知りましたし(笑
とにかく将来が楽しみな三人。
(もう既に大活躍してますが)これからの
活躍を楽しみにしていきたいと思います。

そうえいば番組のオープニング曲も
ミスチルだったような・・・(ヨーイドン

ちなみに、今泉家で飼われていた変な
ペットのガチャパン
ガチャピンの弟子という設定でした(笑
跪く~2006~
仕事場の発泡スチロールを
載せる台車に「発砲処理用」
と書いてあるのは内緒です(恐怖


現在ニーパッドはALTAの物を
使っているのですが、走ると徐々に
ズレてくる上に、固いから屋内フィールド
とかだと少し音がして気になるんですよね。
なので、今BHIやHATCHの
ネオプレーン素材で出来たニーパッドを
考えているんですが、なんかこっちの方が
ズレてくるんじゃないかと心配。
装着感は最高だとは思うのですが・・・。
ただ、現在のALTAに特別の不満を
抱いているわけでもないので気長に(ぇ

そういえば前回エリア86でゲームした時に
気になったのがOAKLEYアサルトブーツ
のグリップ力。 確かにグリップ力は物凄い
良いのですが、良すぎて音が鳴りすぎる感が(汗
それはまるで、体育館でバッシュ履いてバスケ
した時の感じ(キュッキュッ鳴る
それにソールのモールドの隙間が床のBB弾を
弾いて音が・・・。
それがとても気になりました。
ただ前述の通り、グリップ力は物凄いので
ダッシュを仕掛けても何の心配もしなくて良いのは
安心です。 この辺はさすが。




ねじ切れたネジ
随分前に手持ちのCQB-Rの分解をし、
再度組み立てて色々遊んでたらグリップが
突然ポロっ・・・(滝汗
再度分解→組み立てを行っても無理だった
ので、ネジが完全にナメていると判断(遅め
すぐに某巨大ホームセンターで径の合う、
若干長めのネジを買ってきてそれで済みました。
そのネジで最近まで大丈夫だったのですが、
ついこの間、ホップが掛からないのが
気になって分解、作業が終了して組み立てた
時に悲劇が。いつもと同じようにグリップを
とめようと中のネジを締めていたら、
締め終わる寸前で突然締めている
感触が無くなりました。
しかもグリップがポロっ。
見てみると、中でネジがねじ切れてるじゃ
ありませんか(汗
ネジ

しかも見事に2本も。
恐らく締める力が強いのとネジが弱いのとが
重なってこうなったのだと思いますが、
前代未聞の珍事にテンパりました。
なお、予備のネジが大量にあったため
今は何事も無かったかのようにグリップついてます。

あ、ホップが掛からなかったのは
チャンバーのホップクッションラバー(でしたっけ?)
が楕円形に潰れていたからでした。
こっちはマルイノーマルのものに交換することで終了。
ホップクッションラバー



それにしてもARをもう一丁組みたいなぁ。
塗っても良いようなのを(笑
CQB-Rサイトダウン


CQB-Rサイト完全


あ、ちなみにレール右側についてるODの
ポーチはもう外しちゃいました(やっぱり邪魔なので
おばちゃんだらけ
もう夜なんかは「寒い」と
感じるようになりました。


今日は午前中に用事を済ませたあと、
その足で両国にある江戸東京博物館へ。
一人で兵馬俑展に行ってきました。
ついでに常設展も見てきましたが、
こちらは以前と展示物が(かなり細かい
部分で)変更されておりました。
まぁ、博物館は展示物に流動性をもたせないと
お客様もなかなか足を運んでくださらないので。。。

いやしかし、特別展は行って良かった。
西安の兵馬俑坑の規模にはそら及びませんが、
それでも間近に俑の大きさ・迫力を
感じるのには十分なものでした。
展示会場自体がそれほど大きいと言える
ものでは無かったため、通路等やや混雑しましたが、
順路や展示方法も苦心したあとが伺え、
見やすかったと思います(俑自体が大きいと
いうのもありますが)。
ただ、展示内容に関しては、多少なり
心得のある人間でないと理解するのが
難しいのではないでしょうか。
特に日本史専攻・中国古代史全然ダメな
僕なんかみたいな人間は(爆
少なくとも、小学生ぐらいの児童が
「見て楽しむ」にはちょっと難しいかな、と。
展示位置もやや高めに設定されていましたしね。
ですが、総合的な評価としては◎でした。
あの会場のキャパとしては濃い内容だったな、と。
兵馬俑入門としては良いんではないでしょうか(笑
ただこの辺は東洋史(それも古代史)専攻の
人間の意見も聞いてみたいなと思いました。
史記も読んだことないですしね。
本当に導入の知識だけですし(恥

それにしても、外国人が熱心に
国技館入りする相撲レスラーを
撮りまくってたのが印象的でした(何
F1と本と
地上波では若干フライング記事ですが、
M.シューマッハ(F1)の引退が発表されました。
個別の記者会見だったり、少なくとも
レース後の三者インタビューでは言及
しないだろうと思っていましたが、
ウィンザー氏が聞くよりも早く、
本人の口から引退を発表したので
逆にこっちが戸惑うぐらいでした。
これ以上踏み込んだ話をすると
(絶対に)長くなるのでやめておきますが、
一時代の終焉は明らかで、この先数年は
またチャンピオンシップも面白くなるのでは、と思います。
エンジン開発の凍結はありますが・・・。
マイケル、本当にお疲れ様でした。
あと3戦、マイケルの走りをしっかり目に
焼き付けたいと思います。



本屋でふと目にした文庫本の帯に
「西 加奈子」の名前が。
最近までやっていた日テレの深夜番組
「爆笑問題のススメ」で西さんを知って以来、
作品や世界観にすっかり引き込まれたわけですが、
偶然にも本屋で未見の作品を目にしたので購入。
コレ↓です。
嘘つき

「嘘つき。 やさしい嘘 十話」という本で、
10人の(それも新進気鋭の)作家が一人一話ずつ
「心温まる嘘」について書いたものを一冊にしたもの。
(「WEB ダ・ヴィンチ」http://web-davinci.jp/index.php
で連載されたものを一冊にまとめたものらしいです)
一話が10~15ページぐらいで短いので、
活字が苦手が人でも簡単に読めるのでは。
まぁ、活字本が好きな人間には物足りないですが(^^;
ちなみに作家は以下↓の通り(敬称略・帯に記載順)
・西加奈子
・豊島ミホ
・竹内真
・光原百合
・佐藤真由美
・三崎亜記
・中島たい子
・中上紀
・井上荒野
・華恵
です。
実はまだ2話しか読んでいないのですが(爆
若い作家さんの作品ばかりですので、
感性(?)が近いのかとても面白いです。
現代小説といった感じ。
興味が湧いた方はドウゾ。

「嘘つき。 やさしい嘘 十話」
(メディアファクトリー ダ・ヴィンチブックス)

「WEB ダ・ヴィンチ」
http://web-davinci.jp/index.php
虫鳴夜
プロテックB2スケートに
Norotosなんて考えてる。


外でもう秋の虫が鳴いています。
これから秋なんだなぁー、
と思う以上に
もう夏も終わりなんだなぁー、
と思ってしまいます。
それぐらいに夏は強力なエネルギーを
持っていて、我々人間もそのエネルギーに
負けじと走り続け、その終わりは
なんとも言えない感覚をもたらします。

で、これからは台風の季節となるわけですが、
確かに台風は数々の災厄を我々に提供します。
しかし、それ以上に自然界に数え切れない、
見えない恩恵を提供してくれます。
前に東京都写真美術館の展示
学んだものを例に出すと、サンゴの命があります。
サンゴは元々は白色で、組織の中に褐虫藻という藻が
入り込むことで、あの幻想的な色を放つことができます。
つまりは褐虫藻があの色を作り出しているわけですが、
この褐虫藻、水温が30℃を超えるとサンゴから
抜け出していってしまいます。
そうなると人間にはどうすることもできず、
やがてはサンゴは白化し、死んでいってしまいます。
死んだサンゴは骨のようで物悲しい画を描き出します。
しかし、ただ唯一、サンゴに褐虫藻を戻す方法があり、
それが台風による海水の攪拌なのです。
台風による海水の攪拌は水温の若干の
低下をもたらし、サンゴに褐虫藻が戻る決定的な
チャンスを提供してくれるわけです。
事実、台風が殆ど来なかった年の
沖縄のサンゴは悲惨な状態だったらしく・・・。

今年はいくつの台風が生まれやってくるのでしょうか。

東京都写真美術館「中村征夫写真展『海中2万7000時間の旅』」
 残り数日ですが開催中です。海の綺麗さ以上に、
 知らない世界を垣間見られる素晴らしい展示です。
 もし興味があったなら、オススメです。
染め物<染み
急に涼しくなりました。


2日続けて同じようなネタでごめんなさい。
これがソーイングなのかは正直微妙ですが。

反射パッチタブの次は単純にパッチを。
で、出来たのがコレ↓
59パッチ

僕のコードでありアイデンティティーでもある(?)「59」を。
こちらは2個製作。
・・・どことなくガンダムっぽいのは気のせいですか?

ちなみに、何故こんなデザインになったのかは、
ひっくり返すとこうなるから↓
GSパッチ


あーぁ、やっちゃった(爆
身内ネタでごめんなさい。
まごころ弁当
台風12号、逸れて良かったです。


「作れるものなら作ってしまえ」
という信条でお送りするこの企画、
ここで紹介する第一弾はコレ
ということで、家にある素材を
寄せ集めてパーツを揃えてミシン始動。



出来ました。
単体


色は、手持ちで条件に合ったのが
ODの素材なのでODで。
ツマミは諸事情により省きました(いや、ミシンが壊れんのよね)。
それと、オリジナルは2連なのですが自作は単体で。
ちなみにヘルメットにつけるとこんな感じ。
メット頭頂部

バイクヘルメットのベンチレーター(エアアウトレット)
みたいになりますが・・・。
続いてアドミンにも。
アドミン貼り付け

畳むとそうでもないんですが、広げると、
広げた先にもベルクロ(メス)が必要になるので
ある程度のベルクロ面積が無いと駄目かもしれません。
BDUの肩ポケットにもつけられます。
意外に合いますです。
BDU貼り付け


製作数は6個です。
身内に配付予定??
福生小旅行
先月の20日、友人と一緒に福生にある
横田基地の友好祭へ行ってきたわけですが、
さすが福生、やたら遠い(うん
しかも青梅線初搭乗です。
高校時代、毎日青梅から高円寺にある
学校まで通っていた友人がいましたが、
単純に感心しました。
(更にすごいのは、現在は青梅~葛西まで毎日)
まぁ行きに色々ハプニングはありつつも、
いざ日本国内にある日本国外へ。

ゲートは当然、米兵による警備があるわけですが
特に英国航空機同時多発テロ未遂の影響も無く
すんなり通過できました。
むしろ2年前の時の方が厳しかったぐらい?

横田基地は空軍基地ですので、基地の大半は
航空機用の土地でやたら広い。
勿論、商店街みたいに屋根やアーケードが
あるわけもないので紫外線ガンガンでした。
そして展示は航空機中心。
あとは兵士が個人の趣味でチューンしたカスタムカーなど。
カスタムカーの大半は映画・ワイルドスピードの
影響を受けたようなのでしたが・・・。
それと展示以上に毎年楽しみなのが出店でして、
基地内は治外法権ですので米国産牛肉も
輸入しほうだい(笑
英字しか書いてない変な色したゲータレードも直輸入です。
ステーキは店や人、タイミングによって焼き方バラバラ。
ボイルに見えるニンジンは生でした。

展示してある航空機は横田以外からも。
F-16やF-15、A-10にF/A-18、
U-2偵察機・・・また空自や海保の航空機
なんかも展示してありました。
残念ながらあまり興味が無いので特に画像なし(爆
ブログ始めてればねぇ、ネタとして撮ってきたのにねぇ・・・。
あぁ、そうそう、警備の空軍兵士はM4カービン(レール無し・
RサイトはBUIS)で、サファリ6004にM9を装備。
そして何故かSPEAR装備・・・。
まぁ2年前から格段に装備が良くなっておりました。

で、米空軍C-130から沖縄駐留RECON・GB・第一空挺
がパラ降下するという日米共同運用の一面を垣間見つつ、
ふと立ち寄ったブースで、なんとNoro付MICH2002を見るとわ・・・。
しかも、めちゃめちゃペイントしてあります。
こんなんでもNoroついてるし、実際に使ってんだろうなぁ。
ノロMICH2002

横田の友好祭はたまーにPJの装備が展示されることが
あると聞いていましたが、今年はEODでした。
そのEODが自分たちの車輌で乗り込んで
装備の自慢をしてました(ぇ
以下、画像をお楽しみ下さい。
■隣のテーブルに置いてあった黒MICH2000。
 WILCOXのマウントついてます。
WILCOX 黒MICH2000

■内側どぇす。「EOD」って黄色い文字で書いてあります。
黒MICH 内側

■パラクレイトRAV。わかりづらいですが、ライフルマグポーチに
 メカニクスのグローブが入れられていました。
横田RAV

■EODスーツ。これが展示してあるといかにも「EOD」って感じです。
 潜水具みたいですが、耐爆です。
EODスーツ

■後方の車輌にはエースウォーター(エースウェイク?)も置いてありました。
エースウォーター(引き

■アップ!・・・してもわかりづらい(汗
エースウォーター(寄り


まぁこんな感じですたい。
他は昔のことなので忘れました(何
(きっと)楽しいので皆さん行ってみて下さい。
毎年ウン十万人が訪れるこのイベントですが、
基地が広いのでそれほど狭苦しさを感じません。
それではー
ブログ始めました
またどうせすぐに更新が滞るものを・・・。

特にジャンルにこだわらず、
色々書こうと思います。

初日はこれにて(ぇ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。